Mar 15, 2005

通貨機軸

田中宇氏の最新の記事を読んで
やはり、と思った

中国はドルにペッグした通貨の体制からテイク・オフしようとしている

何も
自分の先見性を誇示したいわけではない
当然のことが当然のように進んでいるだけだ

何故、僕が「クレバー」という言葉を使ったのか
その意味を少し考えてみて欲しい

あけすけに言えば
この国の為政者の逃げ切り一辺倒のセンスとは違う、という意味だ

無論
中国における酷い人権の蹂躙や
最近の重苦しいニュースを無視しようとは思わない

それでもやはり
中期的な視野に立った国家規模の経済戦略を確実に進めているという点で
中国政府はクレバーだと言わざるを得ない
中・長期的な経済戦略を立てることが出来るというのは
つまり
一部の勢力が逃げ切りを考えて「ばかり」いるのではない
ということだ

この国の為政者が
実体の曖昧な「心」なんてものに訴えつつ
短期的な戦略さえ立てられず
破綻へと向かって一直線に突き進んでいるのとは対極的だ

まさしくクレバーだ、と言わざるを得ないではないか?


経済の動力は「心」なんてものは徹頭徹尾無視する
そのことをしっかりと見据えることが出来ない人間達に
いったいどうやって
経済的な安定に基づいた社会福祉の充実など画策できようか?

今の日本の右翼どもが僕にとって笑止千万なのは
大抵このあたりの理由による
あの手の類は
己が超消費社会の一員であることをすっかり棚に上げているのだ

甘いんだよ
右翼は (左翼も同様)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2005

ロート・シルト

ドイツ語の「ロート」は赤の意味、「シルト」は盾の意味
この二つが引っ付いた苗字「ロートシルト」という屋号がある

フランスであれば「ロチルド」と発音される
英語圏では「ロスチャイルド」と呼ばれる


野村證券とロスチャイルドが業務提携、という速報を読んで
寒気がした

第一勧銀と共に
巨額不正融資でお馴染みの
あの野村證券とロスチャイルド?

おそらく
今後ロスチャイルドという文字が
表立ったニュースで大きく伝えられることはあるまい
僕はそう予想している


労作と呼ぶに相応しい本をご紹介しておこうと思う
反骨と義憤を貫く、ジャーナリストという名に相応しいジャーナリスト
広瀬隆氏の著作

『赤い盾』(集英社文庫)

パラノイア、と決め付ける人も多いだろうと思う
ご当人もそのことは良く自覚しておられるようだ(前書きを参照されたし)
しかしそれにしても、だ

誰が「地球上の金」を動かしているのか?

 つまり
 誰が
 殺しているのか?

その推論(僕は何割か程度までは真実だと考えている)を知っておくのは
大切なことだと思う
「フリーメイソンの陰謀云々」とかいう話とはレベルが違うのだ


しかしそれにしても
やたらと暗いものばかり見えてくるではないか
クソッタレどもめ


……蛇足として
『ロスチャイルド自伝』(ギー・ド・ロスチャイルド 新潮社 1990)のことも少し
買う価値はまったくない本ではあるが
偶然図書館で見つけたりしたら
ちょっと頁を捲ってみることをオススメする

金の海に溺れて骨の髄まで汚れ果てた男が
意外と質素なものだった、という思い込みと共に
金のスケールばかりデカイ、チンケな半生を振り返るという
笑うに笑えない冗長なコント、である
空前の空虚感が味わえることを、ここに保証する

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 15, 2004

それは太陽ではない

以前
ITERのことについてBBSで書いたことがあった

先ほど読んだニュースには
エイブラハム米エネルギー長官が
ITERの日本誘致を全面支援すると述べた旨が書かれていた

どこまでアホで救い難く度し難いクソなのか?
「奴等は」ではなく「僕等は」……

もういちど言い直しましょうか?
僕等は、どこまでアホで救い難く度し難いクソなのか?

外務省が垂れ流している嘘はこちら

ITER日本誘致に関する時系列で纏められたニュース一覧は、こちらをご覧下さい

科学者と倫理との関係を考え直す素材として、ネガティヴな意味で大変興味深いサイトはこちら


あとはググるなりなんなりして、
ITERに関する危険性を考えてみて欲しいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 31, 2004

疑心暗鬼

ブッシュのホームページ画像改竄のニュースと
アルジャジーラで放映されたというテロ予告のニュース

画像処理
デジタルの真偽
陰謀論パラノイア増産システム

Continue reading "疑心暗鬼"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 27, 2004

JPS

朝起きて、
ネットに接続して各所のニュースを読んでいて、
John Peelが亡くなったニュースを、偶然見つけてしまう。

ペルーで休暇中、突然の心臓発作で亡くなったとのこと。

何故だか、3年前に20世紀が終わっていたことを、強く再確認してしまう。
そう簡単に埋まる穴ではないな、と少し寂しい気持ちになる。

イラクで日本人が人質になったニュース。
政府にもマスコミにもまともな対応が出来るとは思えないだけに、
暗澹とした気分になる。
また、あの不毛な自己責任論が繰り返されるのだろうか?

一刻も早い無事開放を祈るばかり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

book | cooking | dog's life | drums | Eat | fiction | fishing | fukushima | health | LIQUID SCREEN | movie | music | news | ordinary