Jan 17, 2005

mushrooming

天然の
野生のエノキを見たこと/食べたことがある人はいるだろうか?

飼いならされ
制御された環境で育ったエノキを
僕等はエノキダケとして認識してきた

友人達よ
これが野生のエノキだ!
これこそがワイルドでタフな菌類の風格なのだ!!

注:あまりにショッキングなので
  若干ポップに画像処理してあります


「茎の部分の縦の繊維の食感よ……」
イノウエ君は電話口で恍惚として語った。

さる高名なキノコ博士と茸について語り合いながら、
茸鍋を食ってきたらしい。

「バンドと茸は両立できんぞ……」

生半可な意気込みでキノコに足を突っ込んではいけない。
博士は、そう語ったのだそうだ。

図書館でキノコ図鑑を開いて見て欲しい。
何気ない記述の裏に、
命がけで菌類を追い続けた人間たちの、
魂を揺るがすような凄まじい軌跡が透かし見えるだろうから。

例えば、
「指先を火串で刺されるような痛みが数十時間続く」という記述の後に

 「味は辛い」

などと書いてあるのを目にするとき、
僕等はどれだけ勇気付けられることだろう。

うーむ、
早いとこ時間を作って、
乾燥ポルチーニを使ったリゾットをよばれに行かねばならん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

book | cooking | dog's life | drums | Eat | fiction | fishing | fukushima | health | LIQUID SCREEN | movie | music | news | ordinary