« September 2014 | Main | September 2015 »

Oct 02, 2014

Innocent Bystander

 傍観者の罪、ということを考えさせられる文章を幾つか読むうち、少し前によく聴いていたDan Hicksの"Moody Richard (Innocent Bystander)"という曲のことを思い出した。歌詞を確認し、ざっと訳してみて、また考え込む。

 1972年の曲。当時のアメリカはベトナム戦争の終盤へと向かう頃。飄々と軽快な楽曲が並ぶ中に、こんなにも激しく(表面的な意味ではない)深刻な政治性が刻まれているとは、思っても見なかった。

 そして、当時のアメリカの政局や状況、近代史を見る中で知った様々な政治の暴走を、こんなにもヒリヒリと肌で感じる時が来ようとは、思ってもみなかった。それは様々な予兆を「傍観」した、この己の不明だと思う。

 傍観は、罪なんだよ。

Moody Richard (Innocent Bystander)"

Moody Richard, he was always hangin' round
Moody Richard, was the biggest square in town
Moody Richard, he was always on the scene

ムーディー・リチャード 奴はいつだってウロついてた
ムーディー・リチャード 街で一番大きな公園で
ムーディー・リチャード いつだって姿を見かけたよ

But his presence never really meant a thing
He was an innocent bystander
Watching his time go by
Mister Innocent Bystander
Doesn't your time fly by?

だけど奴の存在に意味なんかありゃしない
罪なき傍観者だった
ぼんやりしてるだけの
罪なき傍観者様よ
時間が経つの、速く感じないか?

Moody Richard, never had a thing to say
But his silence didn't matter anyway
And his problem was an easy one to solve
Moody Richard never really got involved

ムーディー・リチャードには、特に言いたいことも無かった
だけど黙ってても全然問題なかったんだ
奴が抱えてる問題なんて直ぐ解決できる類だったし
ムーディー・リチャードは結局、何にも参加しなかったのさ

He was an innocent bystander
Watching his time go by
Mister Innocent Bystander
Doesn't your time fly by?

奴は罪なき傍観者だった
ぼんやりしてるだけの
罪なき傍観者様よ
時間が経つの、速く感じないか?

But he's guilty of one crime
Must he ruin your life and mine?
For he's always standing by
In the corner of your eye
Yes, he's guilty! Guilty!

でも奴はある罪を犯してる
君や俺の暮らしを脅かしてるはずだろ?
だっていつでも日和見してるだけなんだから
君の視界の片隅で
そう 奴は有罪! 有罪だ!

Just an innocent bystander
Watching his time go by
Mister Innocent Bystander
Doesn't your time fly by?

ただの罪なき傍観者
ぼんやりしてるだけの
罪なき傍観者様よ
時間が経つの、速く感じないか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2014 | Main | September 2015 »