« 中望遠の視線 | Main | 組み立てること »

Apr 20, 2014

動く意志

 何度か繰り返し自問してみた。「俺が行く必要はないのでは」と。愚問だった。

 よく晴れた春の朝だった。パーカーの上にBLOW ONE'S COOLのTシャツを着た。

 「何、そんな重ね着すんの?」
 「そや、80年代スケーターやからな」
 「オッサンには厳しい格好やな」
 「はは、まあええやん」

 仕事を半日で切り上げて駅に向かった。コンビニで買った冷やし担々麺をホームのベンチでかっ食らっている時に、既に電車に乗っていた相方からショートメッセージが届いた。

 (中止っぽい)
 (まじかいな)

 肩や背中の緊張が緩んだ。それでもまあ、不確定な情報しかないから、とりあえず現地には行こうということになった。車両で落ち合い、一路大阪へ。

 一瞬錯綜しかけたが、Twitter上の情報は直ぐに整理されていった。レイシストによる鶴橋駅前での街宣は中止になったという。最悪の気分で喉を枯らす覚悟をしていたのだが、そんな必要は無くなった。

 鶴橋駅を降りると、大きな警察車両に待機している警官たちや、路上に立つ警官たちの姿が見える。ただ、彼らの表情に緊張は見えない。

 相方に案内してもらって、初めての街をブラブラと歩く。カナリと、買い換える必要があったサムギョプサル用のプレートを買った。目に映る全てが新鮮で、心躍る。週末の活気あふれる商店街の空気が、とてもとても楽しい。

 見知った顔に何人か出くわす。安堵と喜びで、皆表情が柔らかい。

 「あっ! そのTシャツ! 本人ですやん!!」
 「せやっ! 気合入れよう思て着てきてん」


               *


 俺が行く必要はあったのだと、改めてそう思った。愚問は、問のカタチを解きほぐせば「誰かが行ってくれるはずだ」という人任せな発想の言い換えに過ぎない。誰も皆「誰かがやってくれる」と思ってしまえば、民主主義は終わる。

 「誰もやってくれない」という不信ではない。むしろ必ず誰かが動くという信頼があるからこそ、俺も動くのだ。そういうバラバラの個々の動く意志が束になり、奴らを止めたのだ。


               *


 明るいうちに鶴橋を離れ、友人と落ち合い、天満ではしご酒をした。ちっぽけなヒロイズムに酔ってはいけないと思った。その代わり、しこたま飲んだ酒に酔った。最悪の日を覚悟していたのに、一生忘れられないような最高の1日になった。

|

« 中望遠の視線 | Main | 組み立てること »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 動く意志:

« 中望遠の視線 | Main | 組み立てること »