« March 2014 | Main | May 2014 »

Apr 20, 2014

動く意志

 何度か繰り返し自問してみた。「俺が行く必要はないのでは」と。愚問だった。

 よく晴れた春の朝だった。パーカーの上にBLOW ONE'S COOLのTシャツを着た。

 「何、そんな重ね着すんの?」
 「そや、80年代スケーターやからな」
 「オッサンには厳しい格好やな」
 「はは、まあええやん」

 仕事を半日で切り上げて駅に向かった。コンビニで買った冷やし担々麺をホームのベンチでかっ食らっている時に、既に電車に乗っていた相方からショートメッセージが届いた。

 (中止っぽい)
 (まじかいな)

 肩や背中の緊張が緩んだ。それでもまあ、不確定な情報しかないから、とりあえず現地には行こうということになった。車両で落ち合い、一路大阪へ。

 一瞬錯綜しかけたが、Twitter上の情報は直ぐに整理されていった。レイシストによる鶴橋駅前での街宣は中止になったという。最悪の気分で喉を枯らす覚悟をしていたのだが、そんな必要は無くなった。

 鶴橋駅を降りると、大きな警察車両に待機している警官たちや、路上に立つ警官たちの姿が見える。ただ、彼らの表情に緊張は見えない。

 相方に案内してもらって、初めての街をブラブラと歩く。カナリと、買い換える必要があったサムギョプサル用のプレートを買った。目に映る全てが新鮮で、心躍る。週末の活気あふれる商店街の空気が、とてもとても楽しい。

 見知った顔に何人か出くわす。安堵と喜びで、皆表情が柔らかい。

 「あっ! そのTシャツ! 本人ですやん!!」
 「せやっ! 気合入れよう思て着てきてん」


               *


 俺が行く必要はあったのだと、改めてそう思った。愚問は、問のカタチを解きほぐせば「誰かが行ってくれるはずだ」という人任せな発想の言い換えに過ぎない。誰も皆「誰かがやってくれる」と思ってしまえば、民主主義は終わる。

 「誰もやってくれない」という不信ではない。むしろ必ず誰かが動くという信頼があるからこそ、俺も動くのだ。そういうバラバラの個々の動く意志が束になり、奴らを止めたのだ。


               *


 明るいうちに鶴橋を離れ、友人と落ち合い、天満ではしご酒をした。ちっぽけなヒロイズムに酔ってはいけないと思った。その代わり、しこたま飲んだ酒に酔った。最悪の日を覚悟していたのに、一生忘れられないような最高の1日になった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 11, 2014

中望遠の視線

素人がいくつか単焦点レンズを買って
日常的にマニュアル操作で画像を撮るようになり
なんとなく、自分の好みのようなものが分かってきて
だんだん、自分の思うような絵が切り取れるようになってきた
自分の腕が上がったのではなくて
レンズの特性のようなものが、少し分かってきたからだと思う

普段良く使っているのはZeissのDistagon 28mm f/2.8
何も考えたくない時に使うAFのパンケーキはZuikoのDIGITAL 17mm F2.8
マイクロ4/3なので、実質の焦点距離はそれぞれ56mm, 34mm
人間の視野角に近い~広角である分、構図を決めるのにあまり苦労しない
被写体へ寄る動作は多くても引く動作は少ないということ

何年か前に兄から譲り受けたContaxGマウントの45mm f/2 PlanarT*
実質の焦点距離は90mmで
所謂「中望遠」の単焦点レンズということになる
こちらは通常の視野よりも狭く切り取られた構図になるので
自ずと被写体から引く動作の方が多くなる
しかし、引いたところで視野に近い画像が切り取られるはずもなく
そのせいか、少しドラマを感じさせるような動的な絵になることが多い

不思議なことに
この視野角の狭い中望遠の絵が
俺の心象に残る風景に限りなく近い
それがどういうことなのかを
このところ、ぼんやりと繰り返し考えている

例えばドラマーのステージおける位置であるとか
群れている人たちをいつも遠目に見てきたこととか
すぐに人と距離を置きたがる性質だとか
色々、原因はあるのだろうけれど
多分、近くではなく、遠くを見て歩いていることが多いから、だ
なのでよく人とぶつかるし
見落とすはずがないような目印を見落とす

それでもまあ
こうやって四十数年、生きてみると
この目線も悪くはないなあと、緩い自己肯定が出来るようになった
それが成熟なのか老いなのかは、わからないのだけれど

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 03, 2014

旬を並べる

俺も相方もホタルイカが好きで
旬になると結構な頻度で食べることになる
なので値の張る富山産のものには手を出さず
手頃な兵庫産のものを買っている

パッケージに入っている酢味噌で和えたり
菜の花と一緒にポン酢で和えたり
焦がさず焼いた九条ねぎとヌタにしたり
アヒージョやパスタにしてみたり
何をしても美味しいし、酒に合う

そのホタルイカ、コースを所望されたお客様に
ちょっと目先を変えてお出ししてみた
蜂蜜梅を叩いてオリーブオイルで伸ばし
目玉を取ったホタルイカと和える
付け合せは、同じく今が旬のスナップエンドウ
色味と味のバランスの為にフルーツトマトを

春らしい前菜の一皿になったと思う
とてもとてもシンプルな組み合わせなのだけれど
こういうの考えるのって、本当に楽しい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 01, 2014

ライヴ、おにぎりと桜

晴れた朝
呆けたように木漏れ日を見上げ
柔らかな色合いの桜を、まじまじと見つめ

怒涛のような日々に、句読点を打つ


               *


実は夜想でライヴをするのは初めてのことだったのだけれど
大変楽しくドラムを叩くことが出来た

呼んでくれたBOYS ORDERのみんな
本当にどうもありがとう
良いライヴだった

静岡から来ていたBEATSEEKERのメンバーと
BOYS ORDERの面々が家に泊まったので
朝ごはんを準備した

叩いた梅と新生姜の炊き込みご飯に
白胡麻と少量の塩を混ぜ込んでおにぎりを作り
出汁巻きを焼き、蕎麦を茹でる
作りおきのだし(茄子、オクラ、山芋など)を薬味に

簡単なもんでごめんね
そんでもって寝てしまってて
全然話とか出来ずじまいで、ほんまにスンマセン

また遊びにおいで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »