« ハレとケ | Main | 犬の無為 »

Mar 19, 2014

rec.

BTBのセルフ・レコーディングをスタートした

何年かかけてコツコツ集めてきた機材は
持ち運びが楽であることを前提にしたものばかり
年末に、臨時収入があったので
肝になるレコーダーを購入したのだけれど
それもまた非常にコンパクトなものだ

録音は、随分昔に思いついた方法を踏襲することにした
ベース、ギターは外音を出さず
ライン出力をミキサーで纏めて1トラックに送り込む

レコーダーのフォーン出力を4chヘッドフォンアンプで分岐して
メンバーそれぞれがモニターできる状態にする

この状態で「せーの」で録音すると
ライヴ的な勢いは保ったまま
ドラムの音のみを収録することが出来るわけだ

ドラムはマルチのマイキングで録る
オーバーヘッドLRにペアのコンデンサを2本
スネアとハットはそれぞれスタジオのダイナミックを
バスドラには低音収録用のダイナミックを

自分の好みで、タム単体にはマイクを立てていない
その代わり、アンビエントに1トラックを割り当てている
コンデンサにチューブをかましたアンビエントを
コンプで潰したレイヤーにすることで
各部の輪郭を出そうという目論見

一応ベーシックはひと通り録れた
持ち帰って音を確認すると、致命的な割れや歪みは無いようだ
ラインと箱鳴りを含めた出音をミックスしたベースも
上手く撮れているように思う

しかしギターの音は難しい
やはりダイナミック一本ではなく
コンデンサにチューブとコンプを通したものを
ミックスして録るべきだったかもしれない

ともあれ、機材のセットから何から
結構やること沢山あって大変ではあるのだけれど
やっぱり、こういう作業が好きなんだなと思う

やっと、また、こういうことを再開出来て
ほんとうに嬉しい

|

« ハレとケ | Main | 犬の無為 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference rec.:

« ハレとケ | Main | 犬の無為 »