« January 2014 | Main | March 2014 »

Feb 23, 2014

ツェラン

 図書館で借りてきたパウル・ツェランの詩集を少しずつ読んでいる。

 とてつもなく分からない言葉の列が大半を占めているのに、時折、閃光のようなイメージが行間に迸る。それは、暗い暗い空を埋める暗褐色の分厚い雲の向こうで陰鬱にフラッシュする雷光のようだ。

 学生の頃、何度か原文にあたり、何度もツェランの「分からなさ」を味わった。分からなさは、当時の俺に意味を追尾できないもどかしさしか残さなかった。

 「分からない」ことがあたりまえなのだと腑に落ちるのに20年以上かかった。あたりまえだ。これはアウシュビッツ以降に可能になった詩なのだから。

 ツェランは、ドイツ語自体を俯瞰している。ドイツ語を死体として扱い、解剖している。

 それは、蹲ったフランケンシュタインの吐息のようなもの。
 
Todtnauberg
トートナウベルク


Arnika, Augentrost, der/ Trunk aus dem Brunnen mit dem/ Sternwurfel drauf,
ウサギギク、コゴメグサ、 星型の賽をかかげている 井戸からの飲み物、

in der/ Hütte,    
小屋の 中では、

die in das Buch/ - wessenNamen nahms auf/ vor dem meinen? -,
記念帳に -誰の名前が ぼくの名前の前に書かれているのだろう?-、
die in dies Buch/ geschriebene Zeile von/ einer Hoffnung, heute,
この記念帳に 書き入れられた 希望についての 一行、今日、
auf eines Denkenden/ kommendes/ Wort/ im Herzen,
思索する人の やって来る語への 心の中の。

Waldwasen, uneingeebnet,/ Orchis und Orchis, einzeln,
森の湿地、ならされず、 ハクサンチドリとハクサンチドリ、ひとりずつ、

Krudes, später, im Fahren,/ deutlich,
生(なま)のもの、後で、車でいくときに、 はっきりと、

der uns fährt, der Mensch,/ der's mi anhört,
ぼくたちを運ぶ人、その人も、 聞いている、

die halb-/ beschrittenen Knüppelpfade im Hochmoor,
半ば 足を踏み入れられた丸太径が高層湿原のなかに、

Feuchtes,/ viel.
湿ったもの、 たくさん。

(中村朝子訳)  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 06, 2014

20 years

7年ぶりに東京へ行った

新宿の人の多さに辟易しながら歩き
JAMの前で懐かしい顔に次々遭遇

リハを終えてから
数年ぶりに合う我が妹とその娘の璃子
これまた久しぶりのショウコちゃんと一緒に
お茶を呑みながらしばらくアレコレ話をして過ごす

短い時間だったけど、会えて良かった
こんどはまた京都にも遊びにおいで


               *


珍しく、一切酒を飲まずライヴに挑んだ
(もしかしたらそれが敗因だったかもしれない)

ラフなミスを何度かやってしまい
自分のプレイに関しては悔しさの残るライヴだった

Rockbottom, Raydios, Three Minute Movie
どのバンドも最高級のプレイで熱を放っていて
胸が熱くなる様な良いライヴだっただけに……

もうちょっと精進しねえとなあ


               *


友人たちとしばらく話してから
マサ(Smallspeaker)に送ってもらって中央線に乗り込む

お互いの今のことを中心に、電車の中で話し込む
過去の話は殆ど無い
今のこと、これからのこと

ここまで生き延びたんだから
これからもしぶとく生き延びる話をしたい
昔話なんか、ちょっとだけで良い
そういうことが、自然に分かち合える数少ない友
普段顔を合わせなくても、何年かぶりでも
ひとつもかわらない


               *


駅に迎えに来てくれた大槻(Smallspeaker)の家に向かう

大槻と話すのも、ほぼ九割方が今のことだ
マサと同じで、何年会わずにいてもすぐに伝わるものがある

深夜まで話し込み
翌朝もコーヒーを飲みながら尽きぬ話をする
音楽のこと、生活のこと、食べ物のこと

あっという間に時間が過ぎた
名残惜しさを感じながら、お暇する

ありがとう
20年来の親友、そして戦友
ぜんぜん違う場所で、俺たちは同じ敵を撃ってきた
これからもそれは続く

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2014

next gig

| | TrackBack (0)

« January 2014 | Main | March 2014 »