« 自転車と裁判結果と洋食 | Main | しめ鯖の愉悦、バッテラの恍惚 »

Oct 13, 2013

一週間

毎日毎日料理をして飽きないかと思われるかもしれないが
これが全く飽きない

季節が少し進むだけで
買い物に行けば並んでいるものは変わっていくし
家の冷蔵庫や食料棚に並ぶものは
二度と同じ組み合わせになることがない
その材料や調味料の組み合わせを考えているだけでも
ホント、全く飽きない

仕事を終えて帰宅して
ちょっと発泡酒飲んで一息ついてから
お店の惣菜と住人のご飯を仕込む
多めに作って、残りは朝ごはんの副菜や弁当のおかずに

いつも仕込み終えたのを店のカウンターに並べるのだけれど
ふと思いついて、一週間、同じアングルで撮ってみた
(スマホで適当に撮ったんで画像は荒いです)

一日目

野菜のマリネに入れたのは
人参、玉ねぎ、カボチャ、モロッコインゲン、赤万願寺、セロリ
軽く焼いたズッキーニを耐熱皿に並べて
鰯のトマト煮を乗せ、パン粉とチーズを乗せオーブンで焼いたもの
調味液に漬け込んだ大量の鶏を唐揚げにして
沢山あったピーマンと筍をオイスターソースで炒める

二日目

鶏もも肉とじゃがいもと人参と玉葱を
カレー粉を効かせて甘辛く煮物にして
手早く湯で戻した中華湯葉と
セロリ、きのこ、豚肉をちょっと薄味の旨煮に
手前の黒いのはアイスコーヒー

三日目

鶏肉(かんなり大量に買っていたのです)と蓮根
それと万願寺をバジルバルサミコ仕立てにして
茹でたもやしと揚げをレモンとラー油で和え物にし
安い特価のステーキをドンと焼いて切り
スライスオニオンの上に乗せて
A1ソースをベースに和風のタレをかけてネギを散らす
題して「馬鹿ステーキ」

四日目

北海道に旅行していた両親から
タラバガニが送られてきたので
今日はもう饂飩茹でるぐらいでなんにもしません!

五日目

投げ売りされていたチヂミの粉を初めて使う
具はニラ、玉ねぎ、人参、スルメイカのゲソ
これ結構美味しいわ
イカの胴の部分は輪切りにして
しめじと万願寺と一緒にアンチョビを効かせたワイン煮に
アカヤガラはうっすら塩胡椒して一旦ムニエルにしてから
トマトソースで軽く煮合わせた

六日目(これはもう既に大分減った後の画像)

大蒜の醤油漬、生姜、玉ねぎを炒め、さらに豆板醤を入れて炒め
紹興酒、かえし等で味を整えた汁で
サゴシの切り身を煮付けたり
壬生菜と人参を白和えにしたり
残っていたカニ身を入れた揚げワンタンをしたり
水菜と揚げと湯葉を薄味で炊いてみたり

そんなこんなの一週間でありました

ちなみに朝食ですが
大抵は具沢山の味噌汁と
残りの惣菜や、野菜の和え物や煮物が中心であります

|

« 自転車と裁判結果と洋食 | Main | しめ鯖の愉悦、バッテラの恍惚 »

Comments

どれもおいしそうですやんか
池田にあったら行列でっせ
あ、失礼。京都でもー

Posted by: ホソタニ | Oct 14, 2013 at 21:04

奥まった場所にあって、表通りに看板を置くと色々とうるさいので、ほそぼそひっそりやっております。なのでお客さんは殆どが常連さんたちです。あんまりお客さん増えても、キャパ的に無理かなと思うので、のんびりペースがちょうどかなとも思っております(んなこと言ってたら駄目なんでしょうけど……)。

Posted by: zung | Oct 15, 2013 at 09:01

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/58192/58375826

Listed below are links to weblogs that reference 一週間:

« 自転車と裁判結果と洋食 | Main | しめ鯖の愉悦、バッテラの恍惚 »