« sharpen | Main | dogma and destruction »

Jul 14, 2008

living on the beat

夜明け前に起き出して
釣れない場所が釣れないことを確認し
6時には鯖の味醂干しを焼いてジャガイモとタマネギの味噌汁を作り
7時過ぎから二度寝

そんな休日のスタートだった


               *


日が昇ってから梵を散歩に連れ出すと
大小の一仕事を終えたら「さっさと帰りましょう」のモードになる
これだけ地面に近いのだから
暑さも猛烈なはずだ

涼しい場所を探してぺたんとなっているくせに
用事で二階に上がるとテコテコひっついてくる
ほら
暑いんだから
無理に一緒に上がってこなくても良いんだよ

京都って暑いところだろ?
とおちゃんも未だに慣れないんだよ


              *


さっぱりと素麺だけのお昼にしょうかと思ったのだけれど
バテそうなので頑張って野菜のかき揚げをつくる

玉葱、インゲン、人参、シメジ、紅ショウガの千切りを
薄目の衣でカラリと揚げる

かき揚げは天麩羅の王様
大葉はクイーン
本日の昼食
見事、チェック・メイトでした


               *


最後にライヴをやった後
ドラムのハードウェアと一緒に袋に突っ込まれたままだったスティック・ケースを
埃を叩きながら引っ張り出した

ほぼ一年ぶりにスティックとペダルを持ち出し
誰もいない昼間のスタジオで個人練習をする

思ったよりも体は動く
いや
思うよりも体の動きの方が速い、というのが実際のところ

目を瞑って四肢でビートを刻むと
身体の記憶の後に
悲しかったり嬉しかったり疎ましかったりするような
しかし瘡蓋のように乾ききった情動の記憶が
ぱらりぱらり、舞い降りてくる

やっと
スティックを握る気になれた理由は
全然定かではないのだけれど
久しぶりに叩くリムや打面やハイハットやシンバルの感触
右足で踏み込むペダルの感触が
懐かしく愛おしかった


               *


買い物をして
役所で書類を貰ってから外に出ると
痛いほどに大粒の雨が降り始めて
蒸れた地熱が凪いだ

強張った右手の筋肉の感覚が
残酷なほど懐かしかった

|

« sharpen | Main | dogma and destruction »

Comments

兄さんの居場所もアノ汚い板の上 笑

どんだけ時間かかってもEですから

お待ちしておりますよ

Posted by: RK2 | Jul 15, 2008 00:02

今やから言うけどね、
zungさんがやーめたいうて書いたとき
私ものすごショックで
数ヶ月、リキッドのCD聴くことができんかってん。
まあそうは言うても
今はどうっちゅうことないねんけどね。
(いや、復活してくれればうれしいんだろうけど)
zungさんがやりたいようにやればいいのじゃ。
はははははー。

Posted by: ぴ | Jul 15, 2008 00:30

●RK2
 はは
 ありがとう
 まあ
 ドラムを練習しただけのことなんだけどね

 今はバンドというフォーマットに関心が持てないけど
 今後どうなるかはまったく分からないしね

 ただ
 ドラムを叩くのが好きなことだけは
 ちゃんと再確認できました

●ぴっちゃん
 そんな
 もうしわけないねえ……

 辞めたときは
 個人的に煮詰まりきってたんだけど
 結果的には良い新陳代謝だったと思うよ

 あと何年かしたら
 また多分何かやってるだろうと思う
 これまでとは全然違う何かを
 多分、ね

Posted by: zung | Jul 15, 2008 12:31

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference living on the beat:

« sharpen | Main | dogma and destruction »