« spazieren | Main | 台風の前に鯰を »

Oct 17, 2004

げっ歯類のように

 巣にぼろきれをかき集めて
 昏々と眠っただけの
 それだけの一日

昔飼っていたモモンガが、
巣にぼろきれを引っ張り込んで、
昼間の間はずっと眠っていた様子を思い出して、
なんだか今日はげっ歯類みてえな一日だったなと、
ただそう思っただけなんです。

体の調子は元に戻りつつあるのだけれど、
大事をとって今日は一日中家でのんびり過ごす。
ウトウトと眠って、本を読んで、音楽を聴いて……


馬鹿みたいにずっと、
自分達で録音した曲を聴いてます。
本当に馬鹿みたいにずっと繰り返し。

興味がある人も少ないとは思いますが、
前回のライヴでの僕のセッティング図を載せておきます。

ドラムを叩いてる人には、
このセットの異様さがお分かりいただけるんじゃないでしょうか?
数年前から小口径のキットが流行ではあったのですが、
その流行の流れは、
僕がずっと以前から考えていたセッティングの意図とは異なります。

Canpusというドラムのメーカーがあって、
そこが出している小口径のキットが素晴らしい音を出すのですが、
僕は「これは違うんじゃねえか」と思ったことがあります。
その後、
Canopusのコンセプトというのが、
PAを通した音や録音された音‐‐コンプレッションと空間系エフェクトを通した音‐‐
つまり僕等が普段聴きなれているドラムの音を、
ナマの状態で叩きだせることを主眼にしているということを知って、
なるほどなあ、と思ったわけです。

このコンセプトにあるような「ネジレ」から自由になりたいという考え、
つまりCanopusのコンセプトの対極にあるような考えから、
僕は自分のキットを模索しているのです。

各メーカーが出している小口径のキットの音をサンプルで聴く限り、
何処もコンセプトは大なり小なり同じようなもんだと思いました。
あのPremierのキットにしても同じ感覚で、少し残念に思ったものです。

小口径キットの流行とは関係の無いところで、
ドイツの老舗高級器メーカーSonorが、
ジャズ向けのキットとして出している小口径のモデルがあって、
僕は4年ほど前にこれを存分に叩く機会があったのですが、
流石に「うーん、こりゃスゲエ」と唸るばかりでした。
しかし、こんな高いもん絶対に手が出ません。

月日は流れ、
僕は偶然ネットオークション上で改造小口径キットを発見し、
「これじゃ!」と叫びました。
20年前のPearlの中級器種を改造した3点キット。
競り落とした現物を自分なりに色々と弄りたおして、
やっと思い通りのキットが手に入ったのです。

しかし、PAを通した音がどうなるのかは、予想の範囲でしかありませんでした。
それだけに、先日のライヴで思惑通りの結果が出たことが嬉しかったのです。

ドラム叩いてる人にしか興味持ってもらえないような話を、
延々と書いてしまいました。

いかん、そろそろ眠らないと……

|

« spazieren | Main | 台風の前に鯰を »

Comments

ギグの時に、
他の出演者をビックリさせるために
半分の長さのスティックを(ヒモつけて)
シンバルスタンドにぶらさげておくと
さらに効果的だと思います

Posted by: いの | Oct 18, 2004 10:46

こんばんわ!さっそく読ませていただいております。
確かに各社から出てる小口径のセットってのは「普通サイズありき」みたいな、車で言うところのセカンドカー的な扱いをされてる感が強いですね。音よりコンパクトさを強調してたり。そのへんがzungさんとのズレなのではないかと推測しております。

私、そのセカンドカー的感覚で捉えるのだったらこれが気になっております。
http://www.kiwi-us.com/~mmi/gigpig/
これは心の師匠から教えていただいた一品
http://home2.highway.ne.jp/kaorum/kaorum/fotodrmj.htm
ちょっと違うか…。

言及されてるcanopusのって、あのヒップホップキットってやつでしょうか?

Posted by: kwmt | Oct 18, 2004 18:32

△いのさん
 「サーカスの熊が三輪車漕いでるとこ」
 ちょっとだけ、コレをイメージしてたんです(笑)。

△kwmtちゃん
 CanopusのはClub Kitってやつのことです。
 偶然、
 近所のショッピングモールのイベントで、
 このキット使ってリハやってるのを観たんだけど、
 どうも違う気がしてねえ。
 小さいけど鳴りますってコンセプトなんだろうけど、
 小さいからこの音、ってんじゃないのよねえ。

 随分昔のBOSEのスピーカーのキャッチに、
 "Stereo Everywhere"ってのがあったんだけど、
 そういう「無難さ」みたいなのが気に入らんのです。
 どうも、BOSEのイメージとCanopusのイメージって被るんだわ。
 無難なドンシャリ感覚みたいなやつ。

 リンク張ってもらったヤツ、
 カホーンのタイプ、良いっすね。
 実はカホーン、以前から色々物色してるんです。

 これ、あとからの付け足しなんですが、
 ガラクタドラム、良いですなあ。
 こんな音、凄い好きなんです、実は。

Posted by: zung | Oct 18, 2004 21:48

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference げっ歯類のように:

« spazieren | Main | 台風の前に鯰を »